スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nsc(NSD.Lib用mmlコンパイラ)のコンパイル

NSD.Lib ver 1.21をコンパイルしてみます。

まず、素の状態でmakeを試みます。
nsd_error_01.png
こういったエラーが発生します。

これは、使用できないオプションが指定されているのと、無効な最適化レベルが設定されているという意味です。

makefileをテキストエディタでこのように修正します。
nsd_fix_01.png

そして再度makeを試みます。
nsd_error_02.png
こういったエラーができます。
表示の「表」のように、二番目のコードがバックスラッシュと同じ扱いになったりします。
他にも様々な問題を引き起こしますので、
UTF8に変換します。

conv_utf8.sh

#!/bin/sh

srcdir="nsc"
dstdir="nsc_utf8"

echo "conv_utf8.sh"

if [ ! -e $dstdir ]
then
echo "create destination folder"
mkdir -p ${dstdir}
fi

files="${srcdir}/*.cpp ${srcdir}/*.h"

for path in ${files}
do
file=`basename ${path}`
srcfile="${srcdir}/${file}"
dstfile="${dstdir}/${file}"

if [ ! -e ${dstfile} ] || [ ${dstfile} -ot ${srcfile} ]
then
echo "${srcfile} -> ${dstfile}"
iconv -c -f sjis -t utf8 ${srcfile} > ${dstfile}.temp
sed -e "s/‾/~/g" ${dstfile}.temp > ${dstfile}.temp2
sed -e "s/¥/\\\\/g" ${dstfile}.temp2 > ${dstfile}

rm ${dstfile}.temp*
fi

done

# copy makefile
cp ${srcdir}/makefile ${dstdir}



nscの一つ上のsrcディレクトリにこのスクリプトを書いて、
sh conv_utf8.shとします。
これでnsc_utf8というディレクトリができまして、コンパイルできるようになります。

ところで、Xcodeでコンパイルしようとすると、
nsd_error_03.png
このように符号付きだと-128〜127までだと怒られるので、

このように書き換えます。
nsd_fix_02.png

これでネイティブなコンパイラが得られると思います。
(Linuxでは基本的にファイル名がケースセンシティブなのでもう少しエラーがでる予感がします…)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

BouKiCHi

Author:BouKiCHi
ABOUT ME
MAIL:alf_byncyou at hotmail.com

WEB:http://clogging.web.fc2.com/
TWITTER:@bkc_alf

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。