スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NRT-BOARD V1(NBV1) 説明

■NBV1の注意事項

・作者はこのボードに関連するあらゆる事象(出来事)に関して一切責任を負いません
一応こちらにも書いておきます…。
実際に利用される場合はライセンスをお読みください。
忘れがちですが、ソフトウェアよりもリスクは高いので…。

・NBV1では残念ながらいい音質は求められません
ごくごく単純な設計ですので…。

■まだあった既知のバグ

・半固定抵抗のシルクが作業時に残ってしまったものがある。
ドリルもそうだけど、最終出力はちゃんと確認したいところです(^_^;)

・DACのDGNDがAGNDと接続されていない。
「稀に訊かれる質問」というサイトによればDACのはAGNDに混ぜた方がいいそうです

・/CSも/WRと一緒に動かすべきなので/WRだけ動かせるようにしたのは無駄
/WRのみだと音が化ける現象が…。


■DIRECT_IFに関して

 回路設計の最後の方に信号モニター回路とか、
OLEDディスプレイとか繋げられないかな、と思ってつけたヘッダ部分です。
http://eleshop.jp/shop/g/gC4P121/
↑このようなやつですね。
でもそうするとボタン入力の方も欲しくなってしまうんですよね…。
(NBV1は出力の一方向で入力機能がありません。ザンネン)

このIFからのドライブも考えたのですが、IC的に74HC595を抜くしかないかな…。

■NBV1仕様
・10cm x 10cm 二層基板
裏と表で二層です。

・複数の構成
あとで思ったのですが、ジャンパーにしなくてもICをただ抜けばよかったような…。

NRT-BOARD V1 mini: YMZ294 only
NRT-BOARD V1 medium : OPMx1 + YMZ294
NRT-BOARD V1 maximum : OPMx2 + YMZ294

こんな名前をつけた気がしました。
mediumは思い出せなかったので今付けましたw

・とりあえずAGNDとDGNDを分けた

上記バグを除いて…。

・フルディスクリート(DIP)仕様
 表面実装のような高度な技法は一切使用しておりません。
一番組み立てにくかったのがミキサー回路のジャンパーピンヘッダ周りでした(^_^;)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

BouKiCHi

Author:BouKiCHi
ABOUT ME
MAIL:alf_byncyou at hotmail.com

WEB:http://clogging.web.fc2.com/
TWITTER:@bkc_alf

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。