よくわかるppmckのコンパイル方法

知っておくといつか役に立つかもしれないppmck(ex)のコンパイル手順です。

ppmckの実行バイナリをコンパイル
1.アーカイブを解凍
unzip ppmck-master.zip

2.ソースディレクトリに移動
cd ppmck-master/src

3.コンパイルを実行
sh make_compiler.sh all install clean

付随するコマンドはそれぞれ、
allですべてをコンパイル
installでppmck-master/binディレクトリのファイルを置き換え
cleanで中間オブジェクトを削除する

となっています。
OS Xではコンパイル確認しましたが、何らかのエラーがでる場合があります。
#ワーニングはでます(^_^;

4.ソングディレクトリに移動
cd ../songs

5.サンプル曲をコンパイルする
sh mknsf.sh sample_n106_sa.mml
拡張子はシェルスクリプト版はあってもなくてもOKです。



続いてnezplayの為にSDLをコンパイルです。

SDLをコンパイル
1.SDLダウンロード
curl -O http://www.libsdl.org/release/SDL-1.2.15.tar.gz

2.ディレクトリ移動
cd SDL-1.2.15

3. configureを実行
./configure --disable-video-x11
デフォルトでは/usr/localにライブラリ等が入りますが、
オプションで変更可能です。(要知識)

4.makeする

5.インストールする
sudo make install


最後にnezplayをコンパイルします。

nezplayコンパイル

1.ダウンロードする
http://www.mediafire.com/download.php?kjbq63iqapwl2va

2.nezplayのソースファイルを解凍する
cd ~/Desktop/
unzip ~/Downloads/nezplay-20130314src.zip -d nezplay

3.ディレクトリの移動
cd nezplay/sdlplay

4.makeする
make

5.インストールしてみる
sudo make install

6.好きなファイルを再生する
例: song.nsfを再生する場合

nezplay song.nsf

ノート.
nezplay_sは静的バイナリであってSDLライブラリを含む為、
別の環境でも再生できる。
nezplayは基本的にコンパイルした環境のみ



今回はSnow Leopard向けのバイナリも貼っておきます。
http://www.mediafire.com/download.php?59cpzdkz2rk9ks7
スポンサーサイト

コメント

コンパイル

こんにちは。
某吉さんの手順のおかげで無事ppmck復活しました!
mmlのコンパイルも成功して曲も聴けるようになりました!
ありがとうございます!
非公開コメント

プロフィール

BouKiCHi

Author:BouKiCHi
ABOUT ME
MAIL:alf_byncyou at hotmail.com

WEB:http://clogging.web.fc2.com/
TWITTER:@bkc_alf

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索