NRT-BOARD V1とNBV2に関するご説明

◇回路に関して
NBV2はNRT-BOARD V1をベースにしています。

NRT-BOARD V1は、NRTDRVの再生環境に影響を受けて、
PSG + OPM x 2を10cm x 10cmのワンボードで実現する基板でした。

NRT-BOARD V1の回路の実現方法は独自のもので、X1を含めた既存の回路とは異なります。
(ただし、音源周りは後述する点を除いて、ほぼリファレンス回路と同じです)
誤解があるかもしれないので、ここに記載させていただきます。


◇異なる部分
 リファレンス回路と異なる部分は2つあります。
一つは5V電源のみでの動作する回路であるということ、
もう一つはNBV2にも存在するバグです。

電源に関しては、リファレンス回路にもあるようにアナログ音声出力としての
オペアンプは電源電圧として正負両電源を使用することが望ましいです。
カップリングコンデンサが必要の無いグランドを中心とした交流波形にできることと、
同じ出力機器をターゲットとして見た場合、高出力が得られる為です。

ただし、正負両電源を得るのは専用の電源が無ければ難しく、
簡単にするためには5V単電源で動作する回路を作る必要がありました。
といってもNRT-BOARD V1では単純にフルスイング入出力のオペアンプを使うことで実現しています。


◇他の5V回路図
 NRT-BOARD V1が終わって答え合わせ的に他の回路を探しましたが、
いくつの回路が5V単電源で設計されていました。

ネット上で見られる回路としてはYM2151Shieldの説明書にある回路が
同じく5V動作でした。なお、YM2151Shieldも最初はDCDCコンバータで
両電源を実現していたようです。(DCV01の記述が見られました)

また、最近知ったのはX1のFM音源ボードも5V動作だったということです。
実はこの回路図(x1center様にあるCZ-8BS1のPDF)はNRTDRV for Androidの際に、
CTC部分に関してのみ少し読んだ程度で、他の部分は読んでいなかったのですが、
最近になってX1の拡張バスに+5Vしか来ていないという事を発見しました。

(ところでNRTDRV for Androidに関しては解析から生み出したものなので、
資料からはあまり情報を得ず、CTC周りで最近まで精度が良くありませんでした)

◇バグ
 実はNBV2完成までオシロスコープが無く、波形を観ることがなかったので、
気が付かなかったバグがあります。それはYM3012から出力する信号をそのまま
ミキサー回路につなげているところです。
 YM3012のDACは一定間隔で左と右を切り替えて出力しているので、
出力していない方の電圧はサンプリングホールドコンデンサによって維持されますが、
ミキサー回路から他の信号に引っ張られてすぐに電圧が維持できなくなります。
この変化が60kHzなので音の違いはあまりわかりませんが、波形には現れます。
 それを維持するためにはミキサー回路との間に入力信号のオペアンプを一つ用意する必要がありました。
(部品点数を削減しすぎました)

◇まとめ
 NBV2の開発中の様子はI/Oで連載させていただきましたが、
「電子工作ガイドブック」という本にもほぼそのまま再掲載されています。
NBV2が表紙の背景に…。ライブをそのまま収録したようなものですので、
内容はかなり荒いのですが、ご興味があれば。
スポンサーサイト

pc98_mbr.py / PC98のHDDをOS XやLinuxなどで認識させるようにする

OS XではFAT16のディスクを読み書き可能ですが、MBRが無いとファイルシステムをOSが認識できません。
PC-98x1のHDDは独自のパーティションフォーマットなので、MBRがありません。
このスクリプトはPC98のHDDイメージまたはHDDにMBRを書き出すスクリプトです。
OS Xで動作を確認しましたが、Linuxでも同様のことができると思います。

注意:
このプログラムの使用結果について作者は一切の責任を負いません。
失敗すれば大切なHDDを破壊してしまいますので、ご自身の責任でご使用ください。
また、事前のバックアップをおすすめします。
(ライセンスはソースコードに英語で記載してあります)

■安全な使い方
・バックアップし、バックアップのコピーを作成する
・コピーの方にパッチを当ててマウントしてみる
・成功ならコピーの方を別のHDDなどに書き出してみる

■手順
・パーティションの確認
python pc98_mbr.py /dev/disk1

・ファイルシステムが有効か、チェックをする(書き込まない)
python pc98_mbr.py -x2 -c /dev/disk1
-xオプションはHDDパラメータ。詳しくはhelp参照またはコードを参照。

・書き込む
python pc98_mbr.py -x2 /dev/disk1

■バックアップ例
dd if=/dev/disk1 of=540hdd.img bs=1m

http://www.mediafire.com/view/90dt7d3s9ph5y6l/pc98_mbr.py

[自動更新2] NBCTRL(prototype)の紹介

NBCTRL(prototype)とはNBV2をスタンドアロンで利用できるようにするハードウェアです。
LPC1114FN28を使用し、microSD内にあるNLGファイルを読み込みNBV2で楽曲を再生します。

nbctrl00.jpg

MinGW環境インストール2014

1.mingw-get-setup.exeをダウンロードし実行します。

2.msysにチェックを入れます。
g++などはお好みでチェックを入れましょう。

3.c:\MinGWが出来上がる
インストールディレクトリ名は任意ですが、デフォルトはc:\mingwです。
mingwの実行ファイルはコマンドプロンプトからは\mingw\binにパスを通すことで使用可能になります。
makeはmingw32-makeなので、コピーしてもいいかもしれません。

パスを通すバッチファイル(setpath.bat)の参考例。

set PATH=c:\mingw\msys\1.0\bin;c:\mingw\bin;%PATH%



4.お好みでmsys.batのショートカットをデスクトップに貼る
\mingw\msys\1.0\msys.batがmsys(いわゆるbash)を実行するバッチファイルになります。

5.msysを実行する
この際に覚えておくと便利なコマンドは「start .」です。
カレントディレクトリが開きます。なお、Windowsのコマンドプロンプトでも使えます。(筆者はいつも使う)

6.「\mingw\msys\1.0\bin\edit」を作成
これがあるとeditコマンドでファイルが編集できます。

#!/bin/sh

"/c/Program Files (x86)/sakura/sakura.exe" $1 $2 $3 $4 $5 &



なお、aliasだとシェルがプロセス実行で止まってしまうので…。

7./c/mingw/binにパスを通す

なぜかデフォルトでは通ってないので…。

ホームディレクトリに「.profile」を作成します。

export PATH=$PATH:/c/MinGW/bin



8.msysを再起動します。
gccやmakeをして確認してみてください。
それができればmsys環境の完成です。
diffやautomakeなどが使えるようになります。

それではハッピーなmingwライフを!

「カジュアル」か否か

今月のI/Oの特集。自分の意見を書きたかったので少し。

なんだかんだ言って、自分は「カジュアル」な方だと思う。
むしろライトなカジュアルな方が好きだったりする…。

難しいのは、例えば「ゲームボーイで音楽を作る」みたいな人はいるわけで、
それがカジュアルかどうか?となると迷う。

現に、非常に使い勝手のいいツールがあって、それで表現できる人が増えて、
一部しか出来なかった事が、今ではできる人が増えている。
それはカジュアルであってオシャレでもあり、喜ばしいことじゃないかな、と思う。

もし、「カジュアルユーザー」がダメだと言っている人が
「パワーユーザー」であったとすれば、その人はあまり「パワー」の無い人だなと思う。

その人がいわゆる「過渡期」というか、その人の「ジャックナイフ時代」なのか
「中二病」に患っているなら仕方がないかもしれないけれど。

「パワーユーザー」であれば、常に「新しい事を追い求めている」気がするし、
「他人」よりも自分な人だと思う。むしろ「道無き道」を進んでいる人であって、
嘆く時間があれば星のように輝いていると思う。

ただ、いつも輝いてばかりでは疲れてしまうと思うし、
だったら「カジュアル」でいいんじゃないかな、と。
適当でもゆっくりしてもいいんじゃないの、と。

もちろん「パワーユーザー」には頑張って頂きたい。
道を極めるだけではなく道を整備する、
それが真の「パワーユーザー」であり「リーダー」です。

プロフィール

BouKiCHi

Author:BouKiCHi
ABOUT ME
MAIL:alf_byncyou at hotmail.com

WEB:http://clogging.web.fc2.com/
TWITTER:@bkc_alf

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索