NRTDRVログツール最新版

nezplay最新版ソースコード
http://www.mediafire.com/download/dn5gbn0t6g35xii/nezplay-20131029src.zip

KSSNRT関連ファイル 20131029版(バイナリ/ソース)
http://www.mediafire.com/download/f4pgornttd1pt48/KSSNRT20131029.zip

NLGフォーマット仕様書 Ver 1.00
http://www.mediafire.com/view/dw15gv93374v842/nlg_spec.txt

ドレミのサンプルログ
http://www.mediafire.com/download/6oirz6r9adfmabt/cde_nlg.zip

1.nezplayを気合でコンパイル!
2.-dオプションでなんとかログ取り!
3.log2nlg.pyでログをNLGファイルに!

※本稿は簡易版の為、後日修正される可能性があります。

NLG format Version 1.00

----- 説明 ------
NLGはNRTDRVの出力を記録する際に利用したフォーマットです。


----- ヘッダ部分(ファイル先頭より0x60バイト) -----
位置 : 長さ(バイト) : 内容
0x00 : 4 : magic ID("NLG1")
0x04 : 2 : バージョン * 100(1.00なら100)
0x06 : 2 : 予約
0x08 : 64 : タイトル
0x48 : 4 : ベースクロック(4MHz)
0x4C : 4 : tick(テンポによる)
0x58 : 4 : データの長さ
0x5C : 4 : ループのポインタ
0x60 : nn : データ部分

----- データ部分(可変長) -----
1バイト目 = コマンド
2バイト以降 = データ

コマンド : データの長さ(バイト) : 内容
0x00 : 2 : PSG出力(アドレス,データ)
0x01 : 2 : FM1出力(アドレス,データ)
0x02 : 2 : FM2出力(アドレス,データ)
0x80 : 0 : IRQ発生

----- 解説 -----
IRQ発生時にはtick分の時間が進むことを示す(待つ)。

----- TODO -----
tickは初期値とすべき。
この仕様策定時にCTCの定数が途中で変更可能なことを知らなかった…。
CTCの変更をどう記録するかが課題。

----- 履歴 -----
2013/10/29 Version 1.00 初版作成

----- 著者 -----
BouKiCHi

スポンサーサイト

NRTDRV用ドレミのMML



@0 { ;sin wave
;PAN ALG FB OP
0, 0, 0, 15
; AR DR SR RR SL TL KS MUL DT1 DT2 AME
0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
31, 0, 0, 15, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 0
}

A t120 o4 v15 @0 cdefgab>c



NRTDRVは新規作成で音色が出てくるのはありがたいですね!

2014/03/02更新
音色指定が入っていないというのを訂正…。
気が付かなくってごめんなさい(^_^;)

NRDSEL新バージョンのご紹介

今度のNRDSELもビジュアル面でかっこいいのでご紹介。

nrdsel1301.png
メイン画面

nrdsel1302.png
OPMレジスタ表示
nrdsel1303.png
PSGレジスタ表示

nrdsel1304.png
ヘルプ画面1
nrdsel1305.png
ヘルプ画面2
nrdsel1306.png
ヘルプ画面3

HOW TO INSTALL NRTDRV/NRDSEL

nrdsel2013.jpg



■NRTDRVのインストール

NRTDRV(本体、NRDSEL同梱)
http://nrtdrv.sakura.ne.jp/

7z(コマンドライン版、GUI版)
http://sevenzip.sourceforge.jp/download.html

pasmo(z80 assembler)
http://pasmo.speccy.org/

hoot(演奏用)
http://dmpsoft.s17.xrea.com/hoot/


1.NRTDRVをデスクトップなどに解凍します。
nrt_ht01.jpg

2.7za、pasmo、hootを解凍しNRTDRVのフォルダにコピーします。
(hootはPC上で演奏する際に必要になります。
解凍には7zipのGUIを別途インストールして利用するのが便利です)
nrt_ht02.jpg

3.付属しているSAMPLE01.MMLを開き、コンパイルします。SAMPLE02.MMLも同様にコンパイルします。
nrt_ht03.jpg


■NRDSELのインストール
X1EMU用 イメージファイルツール集(img1023.lzh)
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/3949/


MS-DOS Player for Win32-x64
http://homepage3.nifty.com/takeda-toshiya/msdos/

X millennium v0.26 T-tune STEP 1.43 + ikaTune release 5
http://retropc.net/ryu/ika/xmil_ika.shtml


1.NRTDRVのフォルダにimg1023.lzh付属のX1FORMAT.EXEとX1SAVE.EXE、
MS-DOS Playerのmsdos.exeをコピーします。
nrdsel_ht01.png

2.MMLをコンパイルして生成されたZIPアーカイブからSAMPLE01.NRDとSAMPLE02.NRDを
NRTDRVのフォルダにコピーします。
nrdsel_ht02.jpg

3.NRTDRVフォルダ内のBATファイルを実行します。
(64bit環境ではD88MAKE_NRD64.BAT)
nrdsel_ht03.jpg

以下はBATファイルではなくコマンドプロンプトでの実行の場合です。

msdos X1FORMAT NRDSEL2D.D88

msdos X1SAVE NRDSEL2D.D88 NRDSEL2D.BIN "NRDSEL" /I /R0000 /G0000
msdos X1SAVE NRDSEL2D.D88 NRTDRV.BIN /O /R1300 /G1300
msdos X1SAVE NRDSEL2D.D88 default.PCG /O

msdos X1SAVE NRDSEL2D.D88 SAMPLE01.NRD /O
msdos X1SAVE NRDSEL2D.D88 SAMPLE02.NRD /O



■エミュレータで実行
X millenniumを立ち上げてBATファイルにて生成したD88ファイルを選択、IPL Resetでリセットをします。

NRDSEL実行時にはX millenniumのみでも動作しますが、
X1turbo高解像度モードでは曲タイトル漢字表示のためにBIOSが必要になります。

プロフィール

Author:BouKiCHi
ABOUT ME
MAIL:alf_byncyou at hotmail.com

WEB:http://clogging.web.fc2.com/
TWITTER:@bkc_alf

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索