Raspberry Pi - $35(約3500円)で買えるHD動画対応クレカサイズコンピュータ日本語まとめ


 Raspberry Piは情報を追いかけていると、諸外国では盛り上がっているものの、
日本語情報はまだ少ないのでここに翻訳を書いてみました。間違っていたら直します。
なお、3500円という価格は100円換算です。実際は諸々の手数料込みで3500円程度で
買えるといいなという感じで。
 また、Model A($25)とModel B($35)があり、今回は初回出荷されるModel Bをメインに書きます。

■基本スペック ( Model B )

 SoCとしてBroadcom BCM2835を搭載
 コアはARM1176JZFS (ARMv6バイナリ互換。浮動小数点ユニット付き?)
 700MHz駆動、Videocore 4 GPUを搭載。GPUはBlu-ray品質の動画、
 H.264 40Mbpsなどを再生可能
 OpenGL ES 2.0とOpenVGによる高速3D描画コアを搭載
 初回生産はModel Bが1万枚 (お一人様限定1枚限り)
 256MB RAM搭載

■入出力( Model B )

 microUSB電源入力( 5V電源入力、Model Bで700mA程度必要 )
 HDMI出力
 RCAビデオ出力(コンポジットビデオ)
 3.5mm オーディオ出力
 SDカード(ストレージとして)
 USB 2.0 x 2ポート
 100Mbps Ethernet
 GPIO入出力(要ハンダ付け)

■ブート方法

 SDカードよりGPUバイナリを含めたファーストステージブートローダを起動。
( つまりは文鎮化(brick)はしない )

■利用可能予定ディストリビューション

 Debian、Fedora、ArchLinux
(ARMv6サポートのものは動かせそう?)

■入手方法

http://www.raspberrypi.org/
より直接販売

■個人的Q&A ( モノローグ ? )

Q. 注目点は?
A.まずはGPU。GPUによる3Dアクセラレータがプログラミングに利用可能というボードが
安価で手に入るという点。他にはBagleBoardさんぐらい?
そしてGPIO。3.3V TTL入力なところが今時ではあるものの、
単純なスイッチの入出力がいまどきのコンピュータにも関わらずできるという点。
ここは工業高校の先生にオススメしたい。
マイコンよりも少し高度な事が楽にできるかもしれない。


Q. Android端末が安価で手に入るようだけど…?
A. プログラミング用途ではAndroid端末は不向き。
用途が違うので仕方がないにせよ、各機能の利用が制限される分、
Android端末は、少なくとも単体でのプログラミング不向き。
(携帯電話の自由度が効き過ぎるのもどうかとは思うけど…w)

Q. テレビに繋げてプログラミングなんて…。
A. MSXユーザーに謝った方がいいと思います。
…それは冗談としても、今時のテレビはHDMIで繋げば大きさ以外は
モニターとして普通に使えます。というか使っている人は多いはず。
滲まないしね。いい時代になったものです。

■動画

XMBCでHD動画を再生している様子


Raspberry Pi、Qt 5、QML、シェーダーでライブコーディング


Gertboard ( GPIO拡張ボード )によるLEDとモーターの駆動


■参考URL
http://www.raspberrypi.org/
http://elinux.org/Buying_RPi
スポンサーサイト

プロフィール

Author:BouKiCHi
ABOUT ME
MAIL:alf_byncyou at hotmail.com

WEB:http://clogging.web.fc2.com/
TWITTER:@bkc_alf

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索