スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SmartQ V5 Linuxクロス開発環境の整備

SmartQ V5 Linux向けクロス開発ということで。
apt-get install hogeでどんなパッケージでもインストールできるのであまり意味はありませんが…。

https://sites.google.com/a/oidon.net/www/linux/arm-cross-tool-chain

こちらのサイトで紹介されている方法、
sudo apt-get install emdebian-tools
sudo apt-get update
LANG=C sudp emsetup --arch armel
こんな感じでいいみたいです。

すごいですね、最近は簡単に構築できるんですね。

arm-linux-gnueabi-gcc hello.c -o hello
などとしてコンパイル可能になります。

ただし、一部サーバーがおかしいらしく、
インストール後にapt-*がうまく動作しなくなったので、
/etc/apt/sources.list.d/emdebian.sources.list
の中の、ftp.uk.debian.orgの2行をコメントアウトしました。
スポンサーサイト

SmartQ V5

Linuxに関してはSmartQとほぼ同じなのかもしれません。


--- 時間設定 ---
/etc/timezoneの書き換え

sudo leafpad /etc/timezoneで、
中身を
「Asia/Tokyo」
に。

/etc/localtimeのリンクの張り替え

sudo rm -f /etc/localtime
sudo ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

これでOK

--- 日本語化 ----

/etc/default/localeを変更する
sudo leafpad /etc/default/locale
で開いて、

LANG="ja_JP.UTF-8"
LANGUAGE="ja_JP:ja"

このような感じに。あまり意味はないけれど…。

プロフィール

BouKiCHi

Author:BouKiCHi
ABOUT ME
MAIL:alf_byncyou at hotmail.com

WEB:http://clogging.web.fc2.com/
TWITTER:@bkc_alf

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。